エンジニア KITABAYASHI

エンジニアKITABAYASHI

プラッシュに入社されたのはいつ頃ですか。2018年の12月1日に入社しました。


プラッシュに入社しようと思ったきっかけは何ですか。エンジニアKITABAYASHI社長が将来のビジョンと、それに紐づいた方法論をしっかりと持っていたので、先行きが明るい会社だと感じたことがきっかけです。

それと、面接から帰ってきてすぐに社長から、入社してほしいと書かれたメールをいただきました。

社長がスピード感を重視することを噂には聞いていましたが、それが実際に行動にも現れていて「いいな」と思ったんですね。口で言うだけなら簡単ですが、実行するとなると口で言うほど簡単ではないので、行動が伴っている人ってあまりいないですから。


しっかりとした将来と有言実行が決め手になり入社を決意


転職活動をされているときに、プラッシュさん以外にも何社かご覧になられましたか。他の企業からもいくつか内定をいただいていて、その中でプラッシュが一番、「面白そうな会社だな」と感じました。


具体的にどういった部分が「面白そうだな」と感じられましたか。エンジニアKITABAYASHI一般的に会社組織を作る場合、まずは箱を作って、それから人を入れるという順番になると思います。

ただ、プラッシュの場合は、まず人を揃えて、そこから箱を作っていこうとしていましたので、「人ありき」ということが感じられて凄くいいなと思いました。

会社組織の一員と言っても、結局は個人ですからね。それぞれの想いであったり、立場であったり、考え方があって、その辺りをどの程度、汲み取ってもらえるかというのは、とても大事なことだと思います。

それに、社長が海外展開をしたいという野望を持っている。将来的にITインフラがしっかりと整備されていない海外を支援していきたいという話しを聞いて「面白そうだな」と思いました。


入社してからは、ギャップはありましたか?年齢や肩書きに関係なく、社員同士で直接話しができてコミュニケーションが取れるというのは、いい意味でのギャップでした。

あとは、会社の規模でしたり、受けている案件だとかを考えれば、どういうことをやっているのかは想像がつきますので、そういう面でのギャップはありませんでした。


「できる仕事」と「やりたい仕事」はイコールではない。


エンジニアとしてどのようなお仕事をされてきましたか。エンジニアKITABAYASHI私はこの業界に入ってから、もう17、18年になります。

やってこなかった仕事を列挙したほうが早くて、高級言語のプログラムと、DBの詳細のカスタマイズ以外は、だいたい一通り経験しています。インフラや構築、セキュリティまわりは良くも悪くも手広くやっていました。


そうなってくると常駐先もかなり多岐に渡ってきますよね。そうですね。ただ、私の場合は業務内容よりも、その立ち回りを自分で選びたいので、自分が入ってフォローできるかどうかがジャッジの起点となります。

ですから、実際にやりたい仕事と自分ができる仕事は、イコールではないと思うんです。「やります」と1度言ったら、ちゃんと仕事を完了しなければならない。できることとできないことをしっかり分けて、「ここはできないので、誰かアサインしてもらえますか」でもいいですし、「知見をもらえますか」「過去の資料を見せていただけますか」でもいいんです。

できないのに「できます」と言ってしまうのは無責任になってしまいます。実際、そういうことが積み重なってプロジェクトが遅延するので、自分のできることとお客さんが目指しているゴールを常に意識しながら業務に取り組んでいます。


業界全体の価値を下げないためにも、技術者でありビジネスマンであるべき。


他にも、仕事をするにあたって気をつけられていることはありますか。エンジニアKITABAYASHI「エンジニアだからと言ってパソコンだけと会話をするのではなくて、ちゃんと人とも会話ができないと駄目だよ」ということは、経験の浅い若いメンバーに言っています。

いち作業者のままでいいのであればそれでもいいですが、正直それだけでは食べてはいけない。それに、お客さんと会話をして作り上げたものは、ある程度お客さんの要望に沿ったものになるので満足度も高くなります。そうすると次の仕事にもつながるんですよ。

私たちは技術者であると同時にビジネスマンです。だから、ある程度お金を追っていかないと、自分がいくらの仕事をしているのか分からなくなってしまいます。

自分に値付けができないということは、自分がやっている仕事にどれぐらいの価値があるのかが分からない。だから、お客さんから本来お金をいただいていない仕事を後から割り込まれても、「やります」と言ってしまうんです。

お金をいただける仕事なのに、それを取らないというのは良くないこと。そういうことをやってしまうと、業界全体の価値がどんどん下がってしまいます。

なかには、それを逆手に取って安売りする会社もありますが、安くしたら、もっと安いところに買い叩かれてしまう。


価格競争になると消耗戦でしかないですよね。そうなんです。どんどん質が下がってしまいますが、お客さんは、今までと同じ質を求める。

だからこそ、「いくらの仕事をしていて、どのくらいの規模のプロジェクトに携わっていて、どこが責任を持つのか、どこが仕事をするのかをしっかり考えようね」と、若い子たちには話をしています。


自分を育ててくれた業界に恩返しをしたいと思えるようになった。


今まで仕事をしてきた中で、印象的だったエピソードはありますか。エンジニアKITABAYASHI6,000人規模の会社に「ヘルプデスクを5人でやってほしい」と依頼されて行ったんです。

でも、現場へ行くと、「予算がないから、1人でなんとかしてほしい」と言われて地獄を見たことがありました。その会社は、ヘルプデスクを立ち上げたばかりでしたので、1日あたりの問い合わせが100件を超えるような状態で、それを私1人で対応しなければいけない。

このままでは仕事が回らないと思い、まずは社内サーバーにweb機能をのせて、「こういう場合は、こうやって対処してください」というヘルプデスクのページを作りました。それでだいたい1日あたり多くて50件、少なくて20件ほどまで減らすことに成功したんです。


お一人でやられたのに、ものすごい削減率ですね。ヘルプデスクを担当していたのは私1人でしたが、その会社で個人的に師匠と呼ぶほど尊敬できる技術者の方と出会い、いろいろと教わりました。

その方と話しをすればするほど、「僕もこんな人になりたいな」と思うようになったんです。師匠だけではなく、私にいろいろ教えてくれる人や見るところを見てくれている人、本来は言ってしまうと気まずくなるようなことでもあえて言ってくれる人がいたからこそ、私は技術者として成長できたと思っています。

だからこそ、私もこの業界に恩返をしたいと思い、若い子たちとなるべく関わるようにして、考え方や立ち回り方をアドバイスするようにしているんです。

もしかしたら、余計なお世話になっているかもしれませんが、昔いた職場では仕事を続けていく上での悩み相談などを何人からか受けたりしたので、それなりに成果があるのかなと思っています。


いざとなったら助けてくれる。頼りになる会社。


北林様から見たプラッシュの印象を教えていただけますか。エンジニアKITABAYASHI全体的に若いですけれども、内にこもるタイプの人があまり入ってこない会社です。

確かに口下手な人もいます。でも、そういう人でも積極的にコミュニケーションを取っている会社だなというのはイメージとしてありますね。とにかく、一人で悩まなくていいのは大きい。誰と話をしても「何かあったら相談して」と言ってくれますし、実際に現場で何か起きてもすぐに手を差し伸べてくれます。

例えば、「人が足りません」と話があがってきたら、社長自らが現場に行くんですよ。それを見て「心強い会社だな」と思いました。


だからこそ働きやすいっていうのもありますね。多少、仕事が大変でも若いメンバーがちゃんとついてきてくれているという事実が全てだと思います。

もちろん、人間ですから自分に合わない現場が出てきてしまうことも否めません。でも、そういう場合は、「ここは俺に向いていない」と理由をちゃんと言えば、「じゃあ、こういう案件があるけど」と、案内してアサインしてくれます。

こういうケースのときって、大切なお客さんの案件とか受注額なんかの関係で「何でやってくれないの?」と、怒られると思うんですよ。むしろ、それが一般的ですし、ある意味、経営者として当たり前の行動です。

でも、坂上の場合は、一度立ち止まって「そうだね。じゃあ、こういう案件あるよ」と、言ってくれる。本当に懐が深いなと思います。


能動的な人を育てるのも恩返しのひとつ。


最後に、この仕事はどういう人が向いていると思いますか。エンジニアKITABAYASHI技術的なこともそうですが、能動的に考えることができると良いですね。与えられた仕事を何も考えずにただ機械的にこなすと、当然仕事の質は落ちます。

以前いた職場で、チームメンバーの一人が、本番サーバーを止めてしまったことがありました。そのときに、理由を聞いたら、「シャットダウンしますかと出たので何となく、、、」と答えたんです。

当然、すぐにお客さんのところへいって謝罪をしましたが、「止まったら工事中のサーバーに飛ぶようになっているし大丈夫だよ」と言っていただいて、「人間関係をちゃんと構築しておいて良かったな」と、思いましたね。

それがきっかけで、お客さんとのコミュニケーションについて考えるようになりましたが、そもそも能動的に仕事をしていたら避けられたトラブルだったんですよね。

もちろん、そういう人を育てるために、しっかりと教育できるような環境が必要ですし、人間なので失敗はつきもの。1度の失敗や辛い経験でもこの業界のことを嫌いにならないでほしいので、そこは私たち世代の人達のやるべきことの一つですね。それも含めて業界に恩返しをしていきたいです。


インタビュー一覧に戻る

メニュー