グループインタビュー

プロフィール

  • 営業部 MAEDA
    営業
    MAEDA
    創業間もない時期からプラッシュに入社。営業未経験ながら、自ら営業を志望し現在の基盤となるパートナー企業開拓に大きく貢献。
  • 営業部 TAKATSU
    営業
    TAKATSU
    前職の営業経験を生かしプラッシュでも営業職として、多くのエンジニアと顧客をつないできた。
  • インフラ系エンジニア NAGASAKI
    エンジニア
    NAGASAKI
    元社内SEとして経験を積み、現在はインフラ系の請負プロジェクトに従事。現場ではリーダーとして管理業務から作業実務まで幅広く対応している。
  • インフラ系エンジニア SUZUKI
    エンジニア
    SUZUKI
    実力を試すために若い会社に入社を希望しプラッシュへ参加。ネットワークエンジニアとして常駐先で活躍。


エンジニアと営業の具体的な仕事は?

グループインタビュー写真MAEDA
営業はエンジニアが現場での作業に従事してもらうにあたって、そのプロジェクトを探したり、プロジェクトが始まってからのアフターフォローをすることなどが主な仕事になります。

SUZUKI
エンジニアのなかでもいろいろと種類があるのですが、私はネットワーク構築関係の仕事に従事しています。ほかにもエンドユーザー向けの手順書の作成や実際に実装してもらうコンフィグの作成、直近では新しいサーバー向けのネットワーク新規構築など幅広い業務を行っています。(詳細は個別インタビューへ

NAGASAKI
私は鈴木さんと同じインフラ系エンジニアですが、少し違ってサーバー設計・構築の仕事です。現在は現場でのリーダーとして管理業務もしているといった感じです。

MAEDA
基本的にエンジニアの方たちは顧客先やデータセンターにいることが多いので、日々営業の僕らと顔を合わせているわけではありません。お互いに、「こういうことをやってくれているんだろうな」と言う想像はできますが、日常のルーティーンなどの中で実際にどういうことをやってくれているかはほとんど知らないと思います。なので、今回はいい機会かなと思っています(笑)。


会社の雰囲気はどんな感じ?

グループインタビュー写真MAEDA
営業は普段会社にいることが多いですが、割とフランクな感じだと思います。黙々と仕事をしていたりしていますが、私語厳禁と言う感じではありませんし、冗談を言い合ったりもしています。

TAKATSU
社内で前田さんと一緒にいることが多いですが、ほんとそんな感じです。お互いに集中するときはガッツリやりますが、そうでない時は和気あいあいとしてます。メリハリのある感じというとわかりやすいかと思います。

NAGASAKI
私は入社し半年くらいですが、会社に来たのは面接を除くと、実は今日で3回目くらいなんです(笑)。
ただ、営業や社長がランチMTGや業後の飲みなどで来てくれるので、わざわざ会社に行くということは少ないかもしれないですね。

SUZUKI
長崎さんよりも2ヶ月早く入社したので、もうちょっと来ています。でもまだ10回も来ていないくらい、、、ですかね?(笑)
エンジニアの場合、自宅から直接現場に向かい、仕事をして完結するので、会社に来る用事と言えば、契約書類の原本を提出する時や会社からお呼びがかかったときなどくらいです。不必要に会社に呼ばれることもないので、働きやすいと思います。

NAGASAKI
それは感じます。連絡や報告は電話やチャットツールなどで完結します。上司も話しやすい人たちなので、電話でついつい雑談で長話をしてしまうなんてことも、、、(笑)


この会社に入社した理由や惚れたポイントは?

グループインタビュー写真TAKATSU
この会社はまだ若いので「一緒に成長していけたら楽しそうだな」と思ったからです。入ってみなくてはわからない、「嫌だったら嫌にならないように頑張ればいい」と思っていたので、何の不安もなく入社できました。

MAEDA
私の場合は高津と違って多少は不安がありました。ただそれは、会社に対してというより、自分に対しての不安といった面です。前職ではエンジニアだったので、高津のように元々営業で飛び込みをやっていたわけではありませんでしたし、初めての営業経験で、やっていけるのかなと、、、営業を希望した理由はここでは割愛しますが(詳細は個別インタビュー)、自分の目指す将来を考えた時に迷いはありませんでした。

TAKATSU
そうですね。もともとOA機器の営業だったので昔は「ビルの上から下まで飛び込みいってきまーす!」みたいなこともやっていました(笑)。

SUZUKI
私は、エンジニアとして非常にストイックな印象を受けたからですかね。というのも、ここの求人を見ていた時に自分の能力に見合った単価報酬をお支払いしますと書かれていたので、自分の実力を試したいと思ったのがきっかけですね。

NAGASAKI
私の場合は、前田さんと少し似ていて、もともと社内SEとして運用や保守を主に行っていましたが、設計や構築をやってみたいと思い転職活動をしていました。どこも「なんで未経験の分野に、、、」という雰囲気だったのが、ここは面接の際に、「請負を頑張っておられたのですね」と認めてもらえたというか、そんな感じがしたのが大きかったなと。


最初に坂上社長に会った印象は?グループインタビュー写真

TAKATSU
若い人だなと思いました。最初はいい意味で社長と思わなかったです。気さくでフランクな感じなので社長というオーラや風格よりも、どちらかというと上司という感じでしょうか。あと目がキラキラしていて可愛いなと思いました(笑)。

MAEDA
本人もみんなとの距離感は意識してくれていると思います。遠ざけようともせず、どちらかというと意識して寄り添ってくれている感じがします。


会社でのイベントはどのような感じですか。

グループインタビュー写真MAEDA
昨年は事業拡大で途中入社の方も多かったので新入社員歓迎会などもありました。現場で働くエンジニアも現場の都合がつく人は仕事後に集まってくれています。この前の忘年会では、高津と鈴木が2人で全部企画してくれていました。

SUZUKI
景品をかけたビンゴゲームや、会社にまつわるクイズを出して、正解が1番多かった人が社長の坂上から「坂上賞」として金一封をもらえるという企画をやりましたね。

TAKATSU
これが1番盛り上がりましたよね(笑)。みんな賞金がかかると本気になって(笑)。
現場の都合などもあって社員全員ではありませんでしたが、ほとんどの方が忘年会に参加してワイワイしていました。

NAGASAKI
この業界は会社とエンジニアの接点があまりありませんが、社内のイベントなどを通してエンジニア同士の横のつながりができるのはありがたいです。

MAEDA
そうなんですよね。私もエンジニア時代そうでしたが、どうしても帰属意識が薄くなりがちなので、意識的にそのような場を設けて、会社全体が組織として動いていけるようにしたいなと思っています。


プラッシュに来て欲しい人はどんな人?

グループインタビュー写真TAKATSU
うちの会社は3期目に入ったばかりで、社内ルールや体制もようやく出来上がってきたというような状態なので、自分自身から何でも意見を提案してくれるような人だとありがたいですね。

MAEDA
そうですね。エンジニアの方だとまずは現場優先になってしまうと思いますが、そういう方が増えることで上層部の意思だけで会社ができていくのではなく、それぞれの立場のそれぞれの意見が反映された会社になっていくと思うので。

NAGASAKI
エンジニアに関しては、はっきりと納期が決まっている仕事なので時間が限られています。何か問題が生じた時でもきちんと問題に取り組み、何かしらの方法で前に進めようとするような人だといいんじゃないかなと思います。

SUZUKI
ネットワークエンジニアとしては疑い深い人が向いているのかなと思います。いろいろな視点を持って本当に大丈夫かなと常に確認し、業務を進められるような人の方が向いている気がします。


詳細インタビューもぜひご覧ください!営業 MAEDA 詳細インタビュー
営業 TAKATSU 詳細インタビュー
エンジニア NAGASAKI 詳細インタビュー
エンジニア SUZUKI 詳細インタビュー

メニュー